もっと健やかな暮らしへ、グルコサミンのある生活

関節痛の原因

どうして痛むか

Drugs for health

どうして関節痛が起きてしまうのか、その原因にはいくつかありますが、中でも一番の比率を占めるのはやはり加齢によるものだといえるでしょう。
どうして歳を取ると関節痛が起きてしまい、それが常態化してしまうのかというと、人は30歳を過ぎると徐々に体が衰えて行ってしまいます。
その際骨と骨の間のクッションの役割をしている軟骨成分も衰え、すり減って行き、そして再生されることなくそのままになってしまう為、関節を動かすと直に負担がかかってしまい、痛みが出るようになってしまうのです。
そこで役に立つのがグルコサミンで、グルコサミンは軟骨構成成分のうちの一つです。
グルコサミンを摂取して行くことで加齢によって衰え、すり減った軟骨成分を取り戻し、クッションを本来あるべき形に戻すことで痛みを軽減することができるというわけです。

加齢が全てではない

関節痛は加齢が原因によるものが多いとはいえ、加齢が全てというわけではありません。
例えばあまりにも肥満体型が進んでしまうと体の重みで骨が歪み、それによって関節に大きな負担をかけ、軟骨成分が必要以上にすり減り、関節痛が起きてしまうといった場合があります。
また、若い人などであればスポーツなどで関節を酷使しすぎると関節痛が起きることがあります。
その他、肥満でなくとも日頃の姿勢があまりにも悪く関節に負担をかけるような形を取り続けているとそれが原因で関節痛が起きる場合もあります。
ですがいずれにせよグルコサミンでしっかりクッションを補ってあげれば痛みを和らげることができるので、改善できるところは改善しつつ、グルコサミンのある生活を始めていきたいところです。